玄米で健康な身体づくり

酵素が豊富な玄米の利用価値

玄米が体に良いのは、良質なタンパク質やビタミン類が多く、アミラーゼという酵素も含まれているからです。アミラーゼはジアスターゼとも呼ばれ、胃薬の成分としてもお馴染みです。体力が弱っているときには、玄米のお粥を食べることで、消化器系の機能を向上させることができます。
玄米の酵素には、デンプンを糖化させる作用がありますから、水飴の原料にもなります。昔の人はアミラーゼの存在は知らなくても、経験的に仕組みが分かっていました。膠飴という生薬の原料にもなりますが、普段は水飴を食べるだけでも胃腸を保護できます。
ダイエット中に玄米を食べれば、酵素によって代謝が活発になり、痩せやすい体質へと変化していきます。タンパク質の補給源になると同時に、スタミナ成分のビタミンB1も摂取できることが重要です。運動が中心のダイエットをする場合でも、強力なスタミナ源になってくれます。酵素によって他の食材の消化も促進しますから、栄養を無駄なく吸収できるようになります。

人気の酵素玄米について

玄米は白米にはない食物繊維やミネラルなどの様々な栄養を摂取することが出来るとして、高い健康効果を期待することが出来ます。しかし、普通に炊いてしまうと、ボソボソとして食べにくいと感じる人も多いようです。
そのような人におすすめなのが、酵素玄米と呼ばれるものです。用意するのは、玄米と小豆、塩の3つだけです。作り方は、玄米を炊きあがってから3日以上保温状態を保つということです。この時、1日1回は全体を大きく混ぜるようにします。それにより、ヌカ部分に含まれる酵素が働き、アミノ酸の一種であるGABAを増やすことが出来ます。
さらに、ボソボソとした食感は、もっちりとした食感に変化し、美味しく食べることが出来ます。そして、見た目にも変化があります。一日ごとに小豆の色が濃くなり、出来上がりは赤飯のような見た目となります。
たくさん炊いた場合には、冷凍保存も出来ます。解凍する時には、蒸したり、スープなどに加えて食べると風味も損なわず美味しく食べることが出来ます。

Favorite

塾を錦糸町辺りで探す

2018/8/22 更新