玄米で健康な身体づくり

健康的な体作りのために必要な玄米

健康な体を作るための食事には、玄米が特に欠かせないものですが、多くの人は白米を食べているのが現状です。そのために、現代人は慢性的な食物繊維不足に陥りやすく、栄養バランスの乱れが問題になっています。
玄米には大量の糠が残っているために、食物繊維やビタミンB群の宝庫です。炭水化物とビタミンB1が同時に含まれていますから、主食で食べればスタミナ源となり、慢性的な疲れも解消していきます。食物繊維は水溶性と不溶性がバランスよく含まれることで、整腸作用を促進させて、便秘を予防するためにも有効となります。
漢方では粳米とも呼ばれ、滋養強壮のために古くから用いられてきました。戦国武将には、玄米を食べて健康を維持していた人物が多いですから、強靭な体力を養うためにも有効なことが分かります。加藤清正は玄米を特に重宝したことで有名で、家臣たちにも勧めていました。良質な炭水化物だけでなく、タンパク質も含まれているため、現代人が食べても肉体を強化できます。

健康的な主食として重宝される玄米

玄米に含まれる成分には、デンプンやビタミンB群などがあるために、滋養強壮のために利用されています。食物繊維やタンパク質も含まれていますから、菜食主義者にとっても重宝する主食です。白米よりも歯ごたえがあることで、ダイエット中に食べても満腹感が得やすい利点があります。
玄米を主食として、とろろ芋をかけて食べれば、滋養強壮の効果が相乗的に高まります。あるいは、ビタミンB1が豊富な豚肉料理と食べる場合には、夏バテ予防の効果も高くなります。おにぎりにして食べるだけでも、体中にスタミナが行き渡り、慢性的な疲れも解消していきます。
お粥にして食べれば、甘味によって脾胃を潤し、体全体の健康を支えるために役立ちます。玄米にはジアスターゼという酵素が含まれていますから、弱った胃腸にも優しい食材です。胃腸の健康に良いことは、昔から経験的に知られ、漢方の生薬としても利用されてきました。最近では、ダイエット中の便秘を解消するために、玄米を利用する機会もあります。

check

家の傾きを直す
http://opt-hp.com/

最終更新日:2016/2/17